2800キロの旅 ~後篇~ スタッフ沖原

前回、仙台~四国・松山の往路について書き 「復路の話も聞きたい
との、お声がありましたので後篇を書かせて頂きます

松山に到着したのが31日の深夜2時で、なんと帰りが1月1日の午後2時、ほんの34時間の滞在でした∑ヾ( ̄0 ̄;ノ 
長距離移動した割には短時間で笑えますよね短い時間でしたが一年分の嫁の仕事はしてきました(笑)

帰りは愛媛から岡山へ 愛媛から本州へ入る為には瀬戸内海の島々を繋ぐ橋を渡らなければなりません
小さい島や大きい島、それぞれ大小さまざまなビーチがあるんですよ
ビーチ好きな私にとっては大興奮(o^∇^o)ノ家族は、しらけていましたが。。。
しかし、岡山に入った瞬間から強い雪が降り、東北にしか存在しないと思っていた融雪剤散布車が堂々と先頭で走っているではありませんかもちろん渋滞です
そこから京都まで私が運転したんです。。。もちろん必死。。。
高速道路は所々混んでおり、静岡・浜松で渋滞にはまりましたが、その後は順調走行

アクアラインの海ほたるで休憩し、深夜2時に私の千葉の実家に到着しました(*・ω・)ノ

ドライブインに立ち寄ると時間とお金の無駄になる!!と、私の意見でトイレ休憩のみ、トータル12時間かかりました帰りはケンカはありませんでした

仙台~松山を経験しているだけに千葉はとても近く感じましたが、それでも1000キロです(笑)人の感覚は面白いものですね

実家で2日間過ごし1月4日に千葉から戻って来ました。
ここが一番順調で4時間弱でした
最後に主人が言った言葉が 「もう いいや来年からは飛行機で」(笑)